読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人事部のおばはん

ポンコツな人事部視点での日常のぼやきと、アラフォーのおばはんの雑多な日記。

味オンチにショックを受けた

仕事 生活

自分の味オンチにちょっとショックを受けました。

 

オフィスに、コーヒーのカップ式自動販売機があります。
お金を入れたら豆を挽くところからやってくれるマシンで、出来上がりまで1分くらいかかるのですが、とてもいい香りが広がります。

ちょくちょく飲んでいたのですが、
中にお値段の比較的安いコーヒーがあるんですね。節約ということで、最近はそちらを愛飲していました。


そして、気が付きました、なぜそのコーヒーのお値段が安いのか…。
それは、

インスタントコーヒーだったからです!!

 

ガーンッ!

ガーンッ!

ガーンッ!
インスタントコーヒーと、レギュラーコーヒーの味の見分けがつかなかった…。
ブラックだったらきっと分かったと思う(…思いたい)のですが、ミルクと砂糖が入ると、私は見分けがつかないようです!

 

すごいショック!!!
なぜにそんなにショックかと言いますと、
およそ10年前とは言え、
前職がコーヒー関連のお仕事だったから!!
こんな味オンチで、コーヒー売っておったんか。

私の手からコーヒーを買われた皆さま、申し訳ございませんでした!!!

 

味オンチによる、いい加減な味の説明

当時は、コーヒーの味の説明をすることが多々ございました。
今思い返しても、いい加減なセールストーク

 

詳細は割愛しますが(忘れたからですが)、コーヒーにはロブスタ種というものがあります。病気に強くて安くて、苦味のある種類です。上手にブレンドすれば、他の豆の美味しさを引き立たせたり、安くすることが出来ます。
私の単純な味の感想は、麦茶みたい。
しかし、コーヒーの味の説明に、麦茶みたいというのはまったくもってオカシイので、「麦を焦がしたような風味」と言います。少し美味しそうに聞こえませんかね。

 

また、聞いたことがあるかと思いますが、モカと呼ばれるコーヒーがあります。まあ、酸っぱい。苦味がないのでブラックコーヒーにブレンドしている感じでしょうか。
これも酸っぱい、と表現するわけにはいがず、「まろやかな酸味」、もう一周してむしろ「果実のような爽やかな甘味」。
はい、嘘つきの領域ですね…。

 

そもそも、インスタントコーヒーとレギュラーコーヒーの見分けがつかない味オンチの言うことなんて、聞いてはいけないんですよ。

いやぁ、コーヒー関連のお仕事から離れて正解です。

 

あ、、、
味オンチなのに、食べた物のブログ書いちゃってるわ!!

 

にほんブログ村 OL日記ブログ アラフォーOLへ
にほんブログ村

 

味オンチによる食べた物の話↓アハハ

bibibi-nezumi-men.hatenablog.com

bibibi-nezumi-men.hatenablog.com

bibibi-nezumi-men.hatenablog.com

f:id:bibibi-nezumi-men:20170217235053j:image