読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人事部のおばはん

ポンコツな人事部視点での日常のぼやきと、アラフォーのおばはんの雑多な日記。

もやもやと会社を辞めたい時は、新しいことを始めるようだ

先日聞いた同僚の話

彼は昨年、社会人大学院を卒業しました。
土曜日も含め、週に3、4回も通っていたそうです。朝方4時までレポートを作成し、その後会社に出社したこともあったとか。
凄いエネルギーですね。

私も勉強しなくては!


そのエネルギーの源を知りたくて、なぜ社会人大学に通ったのか聞いたところ
会社を辞めようと思っていたそうです…
あちゃー、仲良くしてる、懐かれてると思ってたのに、全然気がつかなかったよ。

 

新卒で入社し、三十代も半ばになり、具体的な理由は聞けませんでしたが、会社を辞めようと思っていたそうです。


辞めるにあたり、仕事があまり忙しくなかったので何かをしようと考え、以下の3つが浮かびました。

  1. 社会人大学院に通う
  2. 難しい資格を取る
  3. ボイトレに通う

 

ん?
三つ目がちょっと雰囲気違いますね。
全く違う、新しくて興味があることにチャレンジしようと思ったみたいですね。

 

ボイトレを是非やってみて欲しかったのですが、彼の中では最後の選択肢です。
資格は不合格だった場合、勉強してきた時間が無駄になる、評価されないと彼は考えました。
そこで、大学院を探したそうです。説明会に行き、受付の女の子が可愛かったのと、入試に受かったので覚悟を決め、通い始めました。
2年間、受付の女の子とは一度も会話しなかったそうですが。ぷふっ笑

 

会社を辞めたくて、大学院に通い始めた同僚ですが、2年間がたち、見事に卒業しました。
本当は、卒業したら退職するつもりだったらしいのですが、変わらず働いています。
その2年間の間で大きな部署異動があり、評価され給料も上がり、彼がリーダーとなって行う案件から、抜けるに抜けられない状況になってしまったとのこと。

 

ほっ。
数少ない心許せる同僚が、居なくならなくて安心しました。
残業したり、出張したり、現在ハードワークの様子ですが、
評価され、中心となって働いている現状にそれなりに満足出来ているようです。
また、大学院を卒業したことに、誇りと、いつでも転職できるんじゃないかという自信もついた模様です。

 

私の場合

会社を辞めたい時、
決定的な何かが無くても、辞めたくなる時ってあると思います。

 

この間までの私もそう。
部署の上司もメンバーもどんどん入れ変わり、うまく立ち回れなくなってしまい、会社を辞めたくなりました。
転職サイトにも登録しましたが、いまいちこんな状況では前向きに転職活動に踏み切れません。でも、何か変えなくては、仕事を続けられないように思いました。実際に人事部内での仕事、役割を変えてもらっています。


そして、私は新しいこととして、このブログを始めました。

同僚のエネルギーに比べると、ささやかなことではありますが、それでも新しいチャレンジです。
本当はもっと人事部で得た役立つ知識をお届けしたい、インプットとアウトプットをしたいと思って始めたのですが、すっかり日記です。。

 

皆さんはどんなきっかけで、ブログを始めるのでしょうか。
私はもやもやと会社を辞めたくなったときに、このブログを始めました。
色んなことを考えたり、興味を持ったり、毎日の仕事や生活の中で何かを発見しようとアンテナを張ったり。そして、こんな拙い文章を読んで下さる方がいたり。
ブログを始めて、少し生活がイキイキし始めました。
ポンコツなおばはんではございますが、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 アラフォーOL