読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人事部のおばはん

ポンコツな人事部視点での日常のぼやきと、アラフォーのおばはんの雑多な日記。

面接ブッチはやめましょう、中途採用の話ですよ

応募方法による面接ブッチされる可能性の違い

大の大人が、

アラサーがアラフォーが、

たまにブッチしてくる中途応募。

 

転職サイト経由
転職サイトからの応募で多いです。

面接の時間になっても、会社に現れません。履歴書の電話にかけても出ません。
「どこ経由の応募?サイト?あー、仕方ないねぇ」
学生アルバイトかよ。さっさと見切ります。

 

転職サイトは応募者も手軽なのでしょうか。ちょこちょこ、ブッチされてしまいますので、転職サイト経由の応募は少し疑っています。

 

会社のホームページへの直接応募

こちらの応募者には、当たり外れがあります。
熱意を持って、あえて直接応募してくれる人と、隠したいことがあってエージェントは使いづらく、直接応募しているような嘘くささのある人がいるように感じます。
ナビ経由ほどではありませんが、ブッチされることもあり、少し注意を払います。

 

転職エージェント経由

一番無難なのは、転職エージェントを使っての応募だと思います。エージェントを一応信頼しています。ある程度のスキルセットのある方しか、エージェント経由では応募して来ないようになっており、あまり非常識な人はいないハズ。
これでブッチされ、音信不通になったのは数年やっていて1、2回くらいしかなかったかな。

とはいえど、面接は来るものの、選考の途中からエージェントからの電話に一切出なくなる、大人じゃない対応をする人はいます。
それと、面接ブッチではありませんが、「急な仕事対応が入り遅れます」という連絡を、面接時間過ぎてから連絡してくる人はポツポツいます…。面接前からほぼ不採用決定ですね。

 

転職エージェントの利用は、
ある程度のスキルセットは必要ですし、エージェントが受けさせたいと思う会社に誘導されてしまうというリスクがあるかと思います。
私も以前、エージェントを利用したことがありますが、決め切れないとグイグイ押してくる担当の方で、あまり希望していない職種も受ける羽目になりました。担当されたキャリアコンサルタントと、合う合わないがあると思います。メールも電話もじゃんじゃんかかってきました。面倒臭くなって、ブッチする人の気持ち、わからなくはないです。

 

 オススメは転職エージェント

どういったスキルがあるのか、会社の規模や考え方、業界、地域により対応を変える方が良い場合もあるでしょうが、やっぱり転職活動をするなら、オススメは転職エージェントの利用です。

応募者と、エージェントのキャリアコンサルタントとのコミュニケーションが図れていれば、
「他社で内定が出そうだから、選考を急いで」とか
「面接ではこう話したけど、本当はこんな気持ちだそうなので、次の面接ではこんなことを説明してあげて」とか
「他社で年収いくらになりそうだけど、同じくらいかそれ以上出せそうか」とか
応募者本人だと交渉や調整が難しいことを、エージェントは対応してくれます。

 

会社側も転職エージェントに踊らされてるとは思ってますがね。
早く早くとか、年収UPとか、エージェントの希望を言ってないかね、うるさいわねと思わなくもないです。

 

ここまで記載はありませんでしたが、職種や地域によって、ハローワークにお願いをすることもありますよ。

会社側も使い分けしています。

 

ちなみに、ですが

「ブッチする」って、普通の言葉だったでしょうか…

一定の地域とか、年代とかしか使わない言葉だったり、死語だったらすいません。おばさん、不安だよ。

「約束をやぶる」ような意味です。ブッチ後は音信不通になりますので、ドタキャンより酷い状態を指しています。

 

 さてさて、面接ブッチの比較を軸に、中途応募の違いを比較してしまいました。

うーん、これを読んだところで、誰かの役に少しでも立てるでしょうか…我ながら変な比較だ。

 

にほんブログ村 OL日記ブログ アラフォーOLへ
にほんブログ村

 

中途採用の話を良く書いてるみたいです。

 

bibibi-nezumi-men.hatenablog.com

bibibi-nezumi-men.hatenablog.com

bibibi-nezumi-men.hatenablog.com

bibibi-nezumi-men.hatenablog.com