読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人事部のおばはん

ポンコツな人事部視点での日常のぼやきと、アラフォーのおばはんの雑多な日記。

2人のT大ボーイの岐路

1人目

日本で一番頭が良いと言われるT大学卒の、今年で30歳になる男性がいます。
朴訥とした素直な人柄もあり、皆彼が大好きです。
ところが、彼が退職をして研究に専念したいと言い出しました。

 

今、世の中で期待されている先端のテクノロジー分野を専門としている彼ですが、この分野にすでに限界を感じているそうで、初めから5年働いて研究に戻ると決めていたそうです。

彼は、何十年も先のテクノロジーを考えています。
そして、その新しい研究分野は、うちの会社として利益に繋がっていくかどうか、なんとも言えない分野なのです。


働きながら、帰宅後に研究を続けていたところ、頭が冴えてなかなか寝付けなくなり、睡眠不足で身体に限界を感じてきた様子。
研究に専念すると収入が無くなるため、実家に戻ることを考えています。転職を考えているわけではありません。
彼が働き続けながら、研究を続ける道はないのでしょうか。
社長を巻き込み、会社として一生懸命検討中です。

 

お金のために、ちまちまクルクル働くだけのような私の人生…
お金の心配なんかに捉われず、研究することにただ向かう彼。
凄いなあ、羨ましくて、とても尊敬します。

 

2人目

さて、二人目のT大ボーイのお話です。
30歳の男性で、中途採用に応募してきました。
特定分野の仕事をしてきましたが、その中でも得意な分野を作りたくて、次に働く会社を探しています。
この特定分野なのですが、スキルを持つ人間が少なく、引き手数多な分野なんです。
しかも、とても爽やかで、ぱっとで人に好かれる外見と話し方、そして卒業大学名もあり、彼が考えていた以上に数多くの内定が出た様子。
転職活動の最初は、業務内容を一番の軸として会社を探していたのですが、現職の年収よりもはるかに高い年収提示をいくつか受け、ついに「転職活動の優先順位ですが、一番が年収です」とはっきり言うまでになりました。
うちもね、是非働いて頂きたいので、なるべく頑張った年収を提示したんですけどね。

 

彼はまだたくさんの企業から内定が出るでしょう。年収も高い金額が提示されるでしょう。
はてさて、納得いく転職活動ができるでしょうか。どこで終わりにするのでしょうか。
年収選びたい放題での転職活動、羨ましい限りです。

 

たまたま同時期に、同い年のT大ボーイが岐路に立っているところを、のぞき見することになりました。
2人の向かう行方は全然違いますが、2人とも一般的なキャリアの道からは少し離れて進んでいて、とても興味深く、なんだか羨ましいねずまんでした!

 

にほんブログ村 OL日記ブログ アラフォーOLへ
にほんブログ村