読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人事部のおばはん

ポンコツな人事部視点での日常のぼやきと、アラフォーのおばはんの雑多な日記。

うちの会社はニコニコ社員がお好き?

ねずまんのいる会社に入社してから、「今までの会社でこんなこと求められなかった、必要性がわからない」と不満を漏らす女性がいます。

何を求められているのか。
「言い方」です。キツイと指摘されるそうです。改めて欲しいと、言われるそうです。

オブラートに包むということも、愛想笑いもすることのない彼女は、表情を一つも変えず、要件をバシッと話します。
仕事をきちんとこなせば、良いじゃないか。言い方って何さ。何故そんなこと求められるのか、やりにくい。

仕事に愛想がいるのでしょうか?

 

仕事と愛想問題

ねずまんは愛想のかたまりで仕事していますが、それはさておきまして。

 

「愛想があって仕事が出来ない人」と「愛想がなくて仕事が出来る人」どちらがよい?なんて会話が繰り広げられることもあるかと思います。

愛想振りまきまきまくる張本人ですが、一緒に働くなら仕事出来る人の方がいいかな。
愛想を振りまき過ぎて舐められるとか、愛想が無くて怖がられるとか、そんな話もあります。

 

もし、愛想が無いとか、言い方や態度がキツイから改めて欲しいと注意されているとします。そして、社内の評価も悪いとします。
すると、本人は、愛想が無いから評価が悪い、この会社は仕事能力より愛想が大事なのか?と憤慨するかもしれません。

 

愛想問題で見えにくくなるところ

ねずまんの知っている狭い事例の話になりますが、
言い方や態度がキツイと注意を受けて、且つ評価の上がらない人は、その評価の低い理由は、実は言い方や態度のキツさではありませんでした。
言っていることがズレているんです。間違っていたり、視野が狭かったりするんです。
やや的外れなことを、何故こんなこともわからないの、当たり前でしょうといった口調でバサッと話していたりするんです。


その人は、ズレを指摘しても、自分が正しいと論破するため、キツい言葉を重ねます。


なんかもう、悪循環…

 

言い方がキツくても、内容が適切な人は、ねずまんの会社では評価されていますよ。

言いにくいことをビシッというべき時ってありますからね。その個性、活躍の場はありますよね。

 

もし、会社に愛想を求められ、評価もイマイチの方いらっしゃったら
人の指摘をきちんと聞いていない、そんな可能性がないか考えてみてもいいかもしれません。

 

ねずまんの知ってる狭い事例ではございますんで、
会社や上司、業務や立場よっては、本当に業務を回すには愛想そのものが必要と考えていて、その無さをマイナスされている場合もあるかとは思います。

あくまでも、一例です。ご承知おきを〜

 

私はいつもニッコニコ♪

ニコニコだからって、人の指摘、聞けているかはわかりませんが。

 

にほんブログ村 OL日記ブログ アラフォーOLへ
にほんブログ村

f:id:bibibi-nezumi-men:20170113231517j:image