読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人事部のおばはん

ポンコツな人事部視点での日常のぼやきと、アラフォーのおばはんの雑多な日記。

社員のモラルに悲しくなる日。そーさ、私は甘ちゃんさ!

仕事

私は悲しい

本日のねずまんは、自分の会社の社員のモラルに悲しくなっています。

 

ある規程を急ぎ改定進めています。
何故か?

規程の穴をすり抜け、社員がズルをしているのがわかったから。
その穴を埋めるための改定です。

 

詳しく書きたいけれど、やっぱり書けませんね。。
ただ、勘違いではなく、ズルしようと思わないと、起こらないことなのです。
「何故このように処理したのですか?」
そう聞いたら
「駄目って規程に書かれていないから」
という答えが返ってきます。
一回あたり数万円、会社に不利益与えています。
しかも、それなりの役職の人もやってます。
穴を見つけたと知っている人同士で情報共通して、ラッキーくらいの軽い気持ちでやっていたのでしょう。

 

規程に細かく記載がなかったので、ズルをする気持ちを持って規程を見れば、そう読み取れないこともないです。
そのため、NOと突っぱねるのもやりにくく、微妙なところを突いています。

 

私は皆を信じたい

悲しいかな!
ああ、悲しい!
もちろん規程作成や改定のときは、悪意のある読み方をされないよう気をつけますが、基本的には性善説でワタクシ人事部やってます。


甘いって?
甘くていいさ!
人事部が性悪説を原則として動いている会社なんて、ろくでもなさそうじゃないですか?!

なんでもかんでも疑って、ルールでがんじがらめにしちゃえばいいんですか⁈

社員の良心を、モラルを信じちゃいけないのですか⁈

 

細かく縛り過ぎると反発したくなるってこと、ありますよね。

とある会社では、服装ガイドラインに「襟付きシャツ」と定めたら、反発した社員がTシャツに紙で作成した襟をくっつけてきたそうです。

そこで、細かく決めるのはやめて、「お客様が不快に思わないこと」だけをルールとし、社員のモラルに任せることにしたとか。それで、まずまず上手く回っているようです。

がんじがらめのルールに縛られ、くだらない反発をする社員のいる会社、どうですか?そんな会社で働きたいですか?

 

私は社員の皆を信じたい!
性悪説は、私以外の人が担当してくれ。

 

皆を信じたい本当の理由…

と、ショックを受け、興奮気味な文章を書いておりますが、、、


性悪説で業務すると、チェックする点が際限なくて、大変なんですよね〜。

ものすごく大変なんですよね〜。

めちゃめちゃ面倒臭いんですよね〜。

疑ってかかるのって、手間がかかりますよね〜。


結果、面倒を避け、性善説になっているただのズボラなおばはんが、ワタクシです。

 

私は皆のモラルを信じる!

=だから、細かくチェックしたくない!ラクしたい!

 

 相変わらずの駄文、大変失礼致しました!!!

にほんブログ村 OL日記ブログ アラフォーOLへ
にほんブログ村