読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人事部のおばはん

ポンコツな人事部視点での日常のぼやきと、アラフォーのおばはんの雑多な日記。

会話ベタが頑張るとハラスメントの恐れあり⁈

仕事

若い時になんとなく怖かった、年上の女性との話題

若かりし頃、アラサーアラフォーの女性の先輩から言われると、なんとなく怖かった話題がありました。

 

それは洋服のこと。
トイレで手を洗ってる時など、「そのスカートかわいいね?どこの?」なんて声をかけてくれる先輩がいました。
ひねくれているねずまんは、もしかして、悪目立ちしてる?遠回しに何か注意されてる?と勘繰ってました。

 

そしてもう一つ、彼氏の有無。
誰に彼氏が出来たとか、別れたとか情報をすごく持っている先輩がいて、ちょくちょく彼氏の有無について確認されました。
彼氏がいるとは言いにくい雰囲気。いなければいないで合コンにお誘い頂けますが、その合コンも先輩を立てたり、後に何かあったら報告が必要で、ちょっと楽しくはありません。ねずまんには報告が必要なことも起こりませんけどね!

 

いまどきの若い人は、ねずまんのようにひねくれたり、勘繰ったりしてないかもしれませんが、言葉の裏があるんじゃないかとなんとなく怯えておりました。

 

年上側になってみて、気がついたこと

しかしですね、年を取り、そちら側の立場に立ってわかりました!

若い人に声かけたいんだけど、何話したらいいのかわかんないんですよ。


観てるテレビも聴いてる音楽も、10歳も離れたら、きっと違う。共通の話題がわからないんですよ。 

 

で、ぱっと視界に入る服装を褒めてみる。
誰もがある程度盛り上がれる、恋バナを振ってみる。

 

会話ベタが、若い人とコミュニケーションを図ろうとすると、話題はこんなものしか思いつかない。

 

実際、新入社員との飲み会で、映画や本、音楽の話になったけど、ほぼわかりませんでした。そして、彼らがその後自然と恋愛トークになり、それはまずまず会話に入れました。

 

セクハラの会話も、同じなのかもしれません。
ぱっと視界に入る年齢や体型トーク、そして彼氏の有無、既婚未婚トーク。
それしか共通の話題が思いつかない…

(もちろん、セクハラを擁護するわけではありませんよ)

 

会話ベタが、若い人たちと会話を楽しもう、盛り上がろうと頑張ると、ハラスメント領域に突入する恐れアリ、みたいですね。

 

少なくとも、会話ベタの自覚がある人は、飲み会で浮かれて若い人に絡んだりせず、盛り上げて笑いを取ろうとチャレンジせず、静かにチビチビ酒をすすりながら話に相槌を打つ、大人の余裕風演出が安全です。
まあ、誰の記憶にも残らず、あの人来ていたっけ?何しに来たんだろう?と思われるリスクはありますが。

 

にほんブログ村 OL日記ブログ アラフォーOLへ
にほんブログ村 

f:id:bibibi-nezumi-men:20170112081746j:image