読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人事部のおばはん

ポンコツな人事部視点での日常のぼやきと、アラフォーのおばはんの雑多な日記。

有給休暇はどこへ消えた

三連休最後ではございますが、久々に人事っぽいマジメな内容を。

 

有給休暇の期限


有給休暇が2年で消滅してしまうことは、皆さんご存知かと思います。
2016年の4月に付与されたら、2018年3月末まで使え、2018年4月には無くなります。

では問題です!

去年付与された有給休暇と、今年付与された有給休暇があるとします。去年付与分と今年付与分、どちらを先に使うことになるのでしょうか。
2年で消滅してしまうのだから、古い方、去年付与分から使うのがお得ですよね。

しかし、「古い方を先に使わせなさい」という法律はないようです。

問題の答えとしては、会社による、となります。


去年付与分からか、今年付与分からか、決まっているのか自由なのか。会社それぞれ異なるので、就業規則を確認してみて下さいね。

 

もしも就業規則に何も定められていないのに、今年付与分から使いなさいと言われたら、どういった理由によるものか聞いてみて下さい。私も知りたい。

 

就業規則に今年付与分から消化と定められているのなら、人事に就業規則を変えたいと交渉していくしかないですね。そして、この場合もなぜ今年付与分からと決めたのか、理由を私が興味津々。

 

うーん、ねずまんの頭では、今年付与分からの消化はただの意地悪にしか見えません…

 

有給休暇はどこへ消えた 

さて、消滅したと思われている有給休暇ですが、実はちゃんと積み立ててくれている「積立有給休暇制度」という制度が存在します。
この制度の導入は、4割だとか7割だとかありまして、まあまあ導入されています。
法律で決められている制度ではないので、制度の有無、内容も会社次第です。実際のところは会社の人事に聞いたり、就業規則を確認して下さい。


多くの会社では、

年間最大○日まで、合計○日まで積み立てることが出来る

と、積立日数の上限が決められているでしょう。
そして、使用目的も自由ではなく
・傷病
・介護
・育児
自己啓発
等が定められていると思います。

勤続何年以上じゃないと取れないとか、証明書を出せとか面倒なこともあるでしょう。

 

しかし、色々面倒臭かったとしても、

この制度は会社の福利制度として、法的にはやらなくても良かったことを、わざわざやってくれているわけです!

規則に定められている制限や、提出書類などの手続きには文句を言わず、いい会社に入ったわと感謝の気持ちで使用して下さい!!

(ブログ上で、ちょいちょい感謝を強要する人事ねずまんですが、現実ではもちろんこんなこと言っておりません。というか、言えるわけもなく…)

 

私の周りで積立有給休暇を知らない人が多かったので、有給休暇に関する小話を書いてみました!

少しはお役に立てると嬉しいです。

f:id:bibibi-nezumi-men:20170106235152j:image

にほんブログ村 OL日記ブログ アラフォーOLへ
にほんブログ村

 

bibibi-nezumi-men.hatenablog.com