読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人事部のおばはん

ポンコツな人事部視点での日常のぼやきと、アラフォーのおばはんの雑多な日記。

社会保険労務士の勉強方法(1)

仕事

年始なぞ、ブログを見る時間などあまりないでしょうから、つまらない話を。

 ------

人事部に10年以上おりますポンコツですが、社会保険労務士は20代に勉強し、30過ぎの頃に合格しております。

働きながら独学で勉強し、2回目で合格しました。1日2時間(細切れの積み重ね)以上の勉強を、2年〜3年近く続けていますので、効率的ではなく、努力と我慢、忍耐の人でした!

いや、でも言い訳しますと、1回目は選択の足切りで1問しくじり落ちまして、それ以外は全てクリアしてたんですよ!もう少し運が良ければ1回目で合格してました。言い換えると運が悪ければ、2回目も落ちてたか…

 

結構昔のことですが、試験対策はそれほど大きく変わってなさそうなので、参考までにねずまんの勉強方法を紹介します。

 

基本テキスト

見た感じが好みのものを選べば良いと思います。なぜなら、全てが書いてあるテキストは存在しないから。手元のテキスト一冊を隅から隅まで覚えても足りません。書き足し、付箋を貼り、オリジナルテキストを作っていきます。

テキストの使い方ですが、私は通勤時間をテキスト読み込み時間に当てていたため、テキストを2つか3つにバラして使用しました。鞄に入れるのも、片手で持つのも重いんですもん。そして、可愛いカバーをつけてテンションをあげます。

そして、読む!理解しなくてもいいからどんどん読み進める!一回で覚えようとすると疲れちゃいます。流し読みで良いので、テキストを何周も早く回します。すると分野ごとの比較、違いや類似にも気が付けるようになります。

 

過去問題
初めて社労士の勉強をする人は、基本テキストと同じ種類の過去問題が良いです。解説がすぐに見つかります。
テキスト読みの少し後の範囲を解きます。覚えて理解できたものには○をつけ、一通り過去問題を回したら○の付いていないものだけを解きます。
過去問題は受験者皆が解けるもの。出来て当たり前なので、心してかかってください。

 

ねずまんの使用したテキスト 

「うかるぞ社労士シリーズ 」

やっぱり見やすく、わかりやすいです。初年度はこちらを使用しました。

2017年版 うかるぞ社労士 基本テキスト (うかるぞ社労士シリーズ)

2017年版 うかるぞ社労士 基本テキスト (うかるぞ社労士シリーズ)

 

 

 「出る順社労士シリーズ」

2回目の基本テキストは、専門学校が出しているものが良いような気がして、こちらを購入しました。

 続く…

 

人事部のおばはん はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。