読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人事部のおばはん

ポンコツな人事部視点での日常のぼやきと、アラフォーのおばはんの雑多な日記。

賃貸物件の解約手続きでびっくり

仕事

賃貸物件の解約で、びっくりしたことがありました。数少ない社宅契約の経験話なので、当たり前のことだったらすいません…あまりわかっていません…

 

賃貸物件の解約で想定しているトラブル

解約手続きの際に気を付けていたり、想定していたことは、以下の2点でした。

(1)解約の連絡は、お早めに。1ヶ月以上前が一般的。

解約するなら早く連絡ちょうだい!と社員に伝えて、意識していました。

しかし、最近、

  • 2ヶ月前に連絡が必要だった物件
  • 退去は月末じゃないといけない物件(1月5日に解約を申し入れたら、2月末日での解約となる)

に遭遇しました。

1月5日に連絡したら2月5日か6日かには解約してくれるところが多かったので、ちょっとびっくりでした。

現在の社宅契約、きちんと見直し、1ヶ月前ではないものをピックアップしますかね。

(面倒くさ…)

 

(2)退去費用をふっかけられる

勝手なイメージでしょうか。

実際は、社宅業務手続きの代行会社をお願いしていますので、変に退去費用が高い場合は交渉してもらってます。

また、社員が立会いで頑張ってくれてます(笑)。

これにもちょっとびっくりしたことがありまして。退去費用をなかなか連絡してこない管理会社がありました。わかる者が退職したとか言って、何ヶ月もかかってしまいました…会社として、どーなの、これ⁈

 

想定外トラブル

退去時には、原則立会いが必要ですよね。立会いの日程調整がつかない、というトラブルが起こりました…本日中に日程調整がつかない場合、契約を1ヶ月伸ばせ、1ヶ月分賃貸料を支払えと。

(もっと早く連絡寄こせ)

トラブルの原因は、管理会社の年末年始のお休みが長いこと、と言わせていただきましょう。なんと、二週間近くお休みということで、その期間は立会いが出来ないと言われました。

(年末年始の休みって一週間ぐらいが普通だと思ってたよ!良い会社だな!そこで働きてぇな!)

管理会社側の事情じゃないか、日程を譲歩してくれないかと交渉したところ、ある程度は譲歩してくれましたがそれでも調整がつきません。すると、

「賃貸契約に、管理会社の指定した日時に立ち会えと書いてあります。契約を守って頂けますか⁈」

びっくり!!!

立会いは、管理会社側が日時を指定するものなの⁈

これが普通なのでしょうか。今まで当たり前のように日程調整をしてくれた皆々様は、優しさだったのでしょうか…

 

一番のトラブルは、立会いをすべき入居社員と連絡がつかず、組織的な関係で代わりに立会いが出来る社員のアサインも困難を極め、たくさんの人に話したりメールしたり電話したり、聞いたりお願いしたり…で、その日期限の他の仕事を失念したことです……

 

これからは、退去時の立会いの日程調整にもトラブルが起こりうることも想定に入れていきます。