読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人事部のおばはん

ポンコツな人事部視点での日常のぼやきと、アラフォーのおばはんの雑多な日記。

なりすましでキャッシングされた社員

仕事

社員Dさんから、いざという時のために弁護士を紹介してもらえてないか、相談がありました。

不穏な相談です。何があったのでしょうか。

 

キャッシング会社から、お金を払うよう会社に電話がかかってきた

聞いたことのあるキャッシングの会社から、お金をいつ返してもらえるのかという電話が何度かあったそうです。

何の話かまったくわからず、相手にしていなかったのですが、Dさんがお金を借りていることになっている模様。

連絡先にかけても繋がらないから、会社に電話をかけてきたそうです。ただし、それがすぐにおかしいことはわかりました。キャッシング会社に提出されている会社の住所や連絡先がデタラメだったからです。会社の電話番号もデタラメで、ホームページで見たとのこと。

 

キャッシング会社に行く

Dさんは、とにかくキャッシング会社に直接行くこととしました。

キャッシング会社に身分証明書として提出されていたのは、Dさんのホンモノの健康保険証のコピーでした。保険証には、嘘の住所が記載されていたそうです。そして、ニセモノの源泉徴収票も提出されていました。会社名は正しいですが、会社住所や会社電話番号はデタラメです。

健康保険証は盗まれていませんでした。いったいいつコピーを取られたのか。最近だと家を借りるときに、業者に提出したそうです。そこに悪い人がいたのか、もっとDさんの身近なところに悪い人がいたのか。

源泉徴収票がデタラメであったこともあり、Dさんが借りていないことはすぐ明らかになりました。

 

ずっと心配は続きます

 警察にも相談し、できうる対応は全てしました。それでも心配は拭えず、いつまでも安心することはできません。

  • 他のカード会社にもキャッシングされているかもしれない。しかも悪徳会社のようなところだったら…
  • 今後、自分はキャッシング出来るのだろうか。自分の名前がブラックリストのようなものに登録されていて、キャッシング出来なくなってはいないだろうか。
  • 保険証を盗んだのは誰だったのか。家を借りた業者にいたのか、それとも身近な人だったのか…

 

わざわざ源泉徴収票を偽造するのですから、出来心ではなく、悪人がいるんだと思います。周囲の友人、知人ではないと祈りたい。

今後のことや、人への不信感でDさんはいっぱいです。何かあったら、 会社側もできるフォローはするよと、法務部や上司、役員の方もDさんを慰めます。

 

健康保険証、大事です。盗まれないように気をつけること、顔写真がないので身分証明書には使わないこと。対策できるのは、これくらいでしょうか。

そもそもこんなデタラメな書類で、キャッシング出来てしまうんですね。

皆さまもご注意下さいませ。

 

bibibi-nezumi-men.hatenablog.com

 

 

f:id:bibibi-nezumi-men:20161217122954j:image