読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人事部のおばはん

ポンコツな人事部視点での日常のぼやきと、アラフォーのおばはんの雑多な日記。

中途採用面接で気を付けていること

仕事

ねずまんはたまに中途採用面接に出ています。変な観点だなあと自覚していますが、その時に注意していることを記載します。

 

経歴の年月

学校の入学、卒業、会社への入社、退社の年月をよーくよく確認します。書き間違いがないか、はもちろんですが、不明な空白期間がないかどうか。かなり昔のことだったとしても、きちんと確認します。

間違いが多いと、何かをごまかしてないか、嘘をついていないかと疑い、事務能力の低さ、転職への真摯さの不足を感じます。履歴書と職務経歴書でズレているってよくありますよ。

 

前職の給与額

現在の給与額をきっちり確認します。多くの方は現在の給与額と同等、もしくはアップを希望していますので。

ひどい人になると、100万円程多く言う人がいます。「皆、多めに書くって聞いたから…」いいえ、皆さん多くは書いてませんし、多少盛ったとしても、100万円はやりすぎです。

基本給と残業代と残業時間、賞与は何ヶ月分なのか。盛る人は計算が合わなくなることが多いです。

不明瞭な点がある場合は、直近の給与明細や源泉徴収票を提出頂いてます。

結局入社するときに、源泉徴収票は提出しなければなりません。そこまでチェックしてないかもしれませんが、嘘がバレたらろくなことは起こりませんよ。

 

転職活動を始めたきっかけ

転職活動をしている「理由」はもちろん聞いていますが、「きっかけ」も確認します。「〇月に転職活動を始めたきっかけを教えてください。」

転職理由は皆さん準備されてますが、きっかけはその場で考え回答頂いているようです。「実は、希望に合わない異動の打診がありました」、「実は、体調崩して休職しました」など、ネガティヴな回答が出てくることがあります。

 

もちろん、転職回数や、何が出来て、何がしたいのか、先のビジョンなど一般的なことも確認しますよ!

ただ、人事部のねずまんが同席するのだから、現場の部署の面接官と異なる視点をあえて持つように意識しています。中途採用の応募者や、人が欲しくて欲しくてたまらない現場の部署からは、嫌われものになるかと思いますが、中途採用の面接では、リスクの回避に意識を向けています。(新卒採用面接では、また違いますよ!)

 

会社を好きになってもらう

リスクの回避等、意地悪で上から目線のようなことを書きましたが、一番大切にし、気をつけていることは、会社を好きになってもらうことです。

アイスブレイクして、リラックス頂けるように。良いところ、ご本人が話したいことを話せるように。会社の方向性、思い、社風が伝わるように。入社後のギャップがないように。

これが、一番難しいですが、日々精進して参ります。

f:id:bibibi-nezumi-men:20161214203632j:image