読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人事部のおばはん

ポンコツな人事部視点での日常のぼやきと、アラフォーのおばはんの雑多な日記。

ミニマリストに憧れています

ミニマリストに憧れています。本を読んだり、ネットで勉強したりしているところ。

必要なものを見極めて、シンプルに生きる姿。ああ、素敵っ。

 

 まだまだミニマリストには程遠いですが、現在取り組めているのは、下記3点

・本は電子書籍を購入

・仕事着の制服化

・こたつからの卒業

 

 本は電子書籍を購入

本はもともと大好きで、本屋に行くと必ず5冊6冊購入。好きな作家の本は全て揃える。捨てない、売らない。古くなると買い替える。同じ本を2冊買っていることに気が付かない。本棚になぞまったく収まらず、部屋のあちらこちらに積んである。

きっかけは実家を出たことですね…。捨てるしか無かった。

スマホタブレットに興味があったというのも理由の一つです。Kindleを二つ持っていますが、三つ目を検討中です。

レシピ本、旅行のガイドブック以外はほぼ電子書籍にしています。小さな本棚しかありません。

家の中が美しい!!

 

 仕事着の制服化

ファッションにはもともと無頓着だったので、こちらは簡単でした。

トップスは、ブラウス。白が一番多いです。七分袖か長袖。秋冬になると、下にヒートテックを着込み、上にカーディガンを羽織る。七分袖からヒートテックが出ていることもあります…

ボトムスは、黒、グレー、カーキのパンツ。春夏と秋冬は、違う物を揃えています。

羽織ものは、丈が長めのテーラード。夏用、春秋冬用で、黒、ベージュ、グレー。

気に入ったら色違いで同じものを購入しています。

 

こたつからの卒業

こたつは快適で、日本の冬らしくて大好きです。こたつから出られなくなる、あのダメな感じも好き。こたつを無くすなんて、考えられませんでした。

しかしですね、掃除がしにくいんですわ。邪魔なんですわ。もうそれだけ。掃除が苦手、嫌いなんです。

代わりに膝掛けサイズの電気毛布を使用しています。リビング以外でも使えますし、便利です。

家の中が美しい!

 

ミニマリストになりたくて、取り組んだことではありません。でも、結果として「シンプルで美しい生活を手に入れて、とても気持ちが良い」と感じ、他にも生活の色々なところで、この気持ち良さを感じたいと思うようになったのです。

本当に必要なモノってなんだろう?

 

そして、はっきりと決められたことがあります。お金を使う優先順位です。お金はモノにではなく、経験に使いたい。大切な人と過ごす。行きたいところに行く。

 

家の中も、考え方もシンプルになっていく。ミニマリストを目指すことは、なんだかとっても気持ちが良いです。

f:id:bibibi-nezumi-men:20161211110120j:image