読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人事部のおばはん

ポンコツな人事部視点での日常のぼやきと、アラフォーのおばはんの雑多な日記。

医療保険を考える前に人事部に確認したいこと

「社会人になったら、医療保険に入りましょう。」と、十数年前よくもわからず医療保険に入りました。

安いけど、一生保障のものではないので、そのうち見直したいと思ってます。

 

医療保険を検討されてる方は、その前に会社の健康保険制度や福利厚生を確認しましょう。意外に助かる仕組みがあります。

 

「高額療養費制度」

一ヶ月の医療費は○円まででいいよ!という制度です。収入や年齢で違いもありますが、一般的な方であれば8〜9万円までの支払いで済みます。

これは健康保険の制度なので、皆さんに当てはまりますね。

 

しかし、月8〜9万円までって十分高いじゃないか⁈

 

そこで、以下のものがないか、人事部に確認して見てください。

 

「高額療養費制度に、健保独自の付加給付がないか?」

大きな健康保険組合の場合、健康保険組合で独自の給付制度があります。

高額療養費制度だけだと8〜9万円の医療費を払うことになりますが、付加給付の制度によっては2、3万円で済むことも!

会社が大きくなくても、加入している健康保険組合が大きいことはありますからね、要チェックです。

 

「病気や入院への見舞金や、復職への祝い金がないか?」

入院を一定期間したり、復職したら、数万円見舞金がもらえる会社もあります。

ささやかかもしれませんが…

 

「社員が亡くなった時に、遺族に支払われる弔慰金や死亡退職金などはないか?」

ねずまんの会社、いわゆる退職金制度の無いへっぽこ会社なんですが、もしねずまんが死亡したら遺族にけっこうな金額が支払われます。会社の福利厚生として、社員に保険かけてます。

退職金制度が無くても、そこそこの金額が支給される可能性ありますから、人事部に聞いて見てくださいね。

 

まあ、ずっとその会社で勤めるか、わかりませんけどね。

会社の健康保険、福利厚生も知った上で、足りない分について保険に入りましょう。

f:id:bibibi-nezumi-men:20161207202525j:image